2016年7月18日月曜日

今年も行ってきました るえかツアー

デイケアるえか所長 伊藤佐絵子

毎年恒例のRUECAツアー2泊3日に総勢80名で伊豆下田に行ってまいりました。
昨年は香港でしたがインフルエンザの時期と重なりバタバタの出発も経験。

RUECAツアーは、あくまでもリハビリですから点呼を取る事もなく、切符は事前に配布しているので集合場所は車内の座席。

今年のメンバーは東京駅の9番線ホームに30分前集合に自主的になっていて素晴らしかったです。初参加のメンバーの33名は不安だったでしょうが第一関門通過。旅行も大変です。

往復JRスーパービュー踊り子号乗車に快適と大画面を満喫。

1日目はホテルに着いてまずは夕食前に温泉を楽しみました。お風呂嫌いのメンバーも大浴場には入れたようでごきげんでした。

楽しみの夕食が始まり大宴会場は80名でいっぱい、1人1人のお膳でみんな感激していました。

今回のメンバーの感想の多くは『食事が豪華で美味しかった』『普段食べられない魚づくしで満足』などで大満足の旅行だったと話していました。

満腹になったところで各グループ毎の出し物。いつ練習したのかと思わせる出来栄えで審査員の肥田先生、木村さんは笑いが止まりません。

青年期メンバーピノキオの元気な姿が印象的でしたが優勝は下田にやって来たから黒船でしょうと『日本国、開国しなさい、しなさい』と一発芸をやってくれたグループネイチャーがもっていきました。

2日目は午前中嵐、午後はピーカンとなり、予定通り各グループ毎で下田市内を散策。
黒船乗船、あじさい祭り、水族館、ペリーロード・・・RUECAメンバーが地図でしか見ていない土地に散らばって遊んでいます。

予期せぬ事でもチャレンジできているではありませんか・・・どこかの教科書を書き換えてもらいたいですね。

夕食後はスタッフがメンバーに贈るナイトプログラムツアーの開始です。
肥田先生、大角さん、私はこの宴会内容を熟知していて、笑いを抑えるのが無理。

私たちスタッフも軽い打ち合わせでしたが、みんなやる気満々。初参加のスタッフ関さん鈴木さんのアイアイが可愛かった・・・と言っても全部もっていってしまったのは副院長の木村さん。

アブラハムの子(ぜひネットでご確認ください)は♬アブラハムには7人の子、1人はノッポであとはチビ♬というものですが木村さんのアブラハムは絶妙、肥田先生が笑い転げていました。

今日のるえかでも紹介したように、スタッフもメンバーも80人でホテルで大騒ぎ。最終日(帰るだけ)前のみんなの笑顔に感動しました。

みんなで楽しめたことが良い思い出になったと初参加メンバーからの声がありました。

ブログ紹介

流山市, 千葉県, Japan
千葉県流山市にある医療法人です。ひだクリニック、ひだクリニックセントラルパーク、訪問看護ステーションスピカなどを運営しております。